ダイビングコンプレッサー

バウアーコンプレッサー
バウアーマリーナ200
オイルエレメント

GW頑張ってくれた ダイビングの空気を詰める機械 ドイツ製です
奄美ではこのメーカーを使っているお店はほとんどないけど 世界中で見たらダイビングの空気を詰めるメーカーとしては断トツらしい(聞いた話ですが) そして陸上の空気よりも綺麗な空気に仕上がるらしい で GWもたくさん働いてくれたので ご褒美的な感じでオイル交換とオイルエレメントを交換しました おいしい空気吸ってください いや味したら怖いけど

体験ダイビングのマスク

GULL COCO分解
マスク分解

GW前にマスクを分解したりタンクを分解したり(タンクはGW前じゃないけど)
最近の流行のマスクはシリコンの部分が黒だったり白だったりします
本当はうちも黒にしたい・・・ 何故って・・・ それは汚れが目立たないから
でも体験ダイビングのマスクは絶対にクリアーでないとダメなんです

それは まず汚れていることがわかるから・・・ 正直黒はまったくわかりません
あとはたまに外から水が入ってる(ちょっぴりですが)ことが分かるので一緒に抜いてあげられる これがとても大切
体験ダイビングはメンタル的な要素が大きいので マスクにいつ水が入ったのか僕が確認出来ることもとっても大切です

さらにはやっぱりクリアのマスクがダントツに明るい 最初不安な人は周りは明るい方がいい 

そんな理由で体験ダイビングのレンタルマスクはクリアでないとダメです きっと教科書にも載っていないし そんなことないというお店もあるかもしれませんが それでもやっぱりクリアのマスクがいいです(自分で購入するときは自分の好きなものでいいと思いますが)

ダイビングのタンク分解
タンクバルブとったところ

北風

奄美大島 体験ダイビング中
体験ダイビング中

強風がびゅーびゅー吹いてると海は荒れると思ってる人は多い 島に住んでる人でも大半はそう思ってるんじゃないかな でも強風が波を消してくれて とても穏やかにもしてくれる もちろん荒れる海域もあるのだけど ・・・ ここは島なので風向きによって荒れる海域と穏やかになる海域があって その使い分けが出来る
なので海の場所は風向き次第なんです 強さよりも風向きです
この日は北風がビュービューで東シナ海は大荒れ でも太平洋はとっても穏やかなんです
(台風となるとまた話は変わってきますが)

海の冬

水温が下がると海の中には海藻が生えてきて夏になると枯れて無くなります
大学生の時 海藻の研究室にいたのでその当時は目をつぶって手触りでも海藻が当てられたくらいだったけど もう何十年もたって海藻図鑑を見てもよくわからないだろうし すでに海藻図鑑なんてどっかいってしまったし・・・
でも海藻が出てくると思わず見てしまうのは昔の癖かもしれません

進撃の

洞窟入り口の小魚群れ

この時期 まだ東の風が吹いてないので太平洋側に潜ることが出来る
海は潜る場所によって 雰囲気や見れるもの 透明度など まったく変わってくる
海には得意 不得意がある 万能な海はないけど ここはそれでも いろいろなものが
ぎゅーーっと詰まった海だ
ビーチから入るけど 今日も「セブ島のボートダイビングよりきれい」と話してたし

で そんな海に今の時期 小魚の群れがいっぱいだ

洞窟入り口にいたので そのまま突っ込んだら それはもう魚たちパニック

気分は 進撃の原

エアー消費量

ライセンスを取ったばかりのダイバーでエアーの消費をとても気にする人を見かける エアーの消費をすることが とても悪いような・・・
エアーの消費はメンタル的な部分も大きいし 深度なんかも関係するけど 運動量も関係する 初めて潜る人にとって興奮したり興味がわけば 水中でうろうろしたり 運動量も増える だからエアーの消費は多くなるかもしれない
でも僕はそれでいいと思う それだけ楽しんるってことだし

でも中には最初から上手で運動してもあまり空気を使わない人もいる

そんな人の時は 遠出して 遠い遠い洞窟まで遠征するかなぁ

近い洞窟はいつもいくけどね(風向き次第ですが)


ダイビングショップの錆止め事情

ラストボンド

ダイビングのお店は お店によってそれぞれやり方が違うので 一緒ではないと思うけど
うちは海から上がってすぐに ウェットのまま車に乗ったり びしょびしょのまま大ビンう器材を車に積むので どうしても車内は海水でジャブジャブ
どうやっても車は傷みます 昔 トヨタに相談してみたものの そーいう使い方は想定外だから やっぱり無理で ホームセンターに売ってるペンキみたいな錆止めなんかはほぼ効果なく(まぁ多少はあるのかもしれませんが) 最強とかいろいろ書いてある錆止めもダメで 亜鉛塗料(ローバルとか)もペンキタイプよりはいいけど やっぱ錆る
で  たどり着いたのが ラストボンド 塗ると緑になる その上から重ね塗りするからまぁ何色でもいいんだけど これがなかなかいい

今回は余ったラストボンドを 適当に鉄の部品に塗ってみました 超雑ですが

とにかく 錆との戦いです

日々 何か良いさび止めないかなぁと探しています


快晴

体験ダイビング

一昨日の嵐っぽい天気が嘘のように 昨日から快晴で海はベタ凪
快晴になると テンション上がる人も多いのだけど 今日の魚たちも
何故かテンション高めでした 毎日潜ってると 魚が日によってやる気で
オラオラ系のときもあれば しっとりしてるときもあります
でも多分 今日の魚のテンション高いのは快晴とかじゃないと思うけど(笑)

運動会

体験ダイビング中

海外や沖縄などで行われる体験ダイビングは結構がっちり固定された 正直自由度の低い体験ダイビングが多い もちろん全部とは言わないけど かなり多いことも確か
そーいうのが嫌なので なるべく自由にさせてあげたい 出来る範囲なんだけど
ということは まぁ転がってしまうこともあるし サンゴを壊さないようにフォローもするし 僕はというと あっちいたりこっち行ったり 毎日が運動会状態

豪雨の中のダイビング

今日はダイビング中 相当な豪雨だったみたい
上がってきたら海は茶色だし 午前中 マングローブの川は穏やかできれいだったのに海を上がって戻っていた時には川は茶色の濁流になっていましたが 北方々にはよく話していますが
「上からみた海の色や景色と海中の中は別腹 」

この時の海の中は普通です
こんな感じ 雨でも海の中はまーまー明るかったり 透明度も悪くなかったです
(海の表面はとても濁っていますが)海水と 真水は混ざりにくいです

11月の海水温

ムレハタタッテダイ

何年も音沙汰なかったブログを久々してみます でも操作も忘れてしまったし まぁ思い出しながらやってみようかなぁ   

テレビで寒い一日って言ってたけど 今ここは24度 半そでまだ全然いける気がするけど
さらに海水温は25度から26度の間
過ごしやすい気候だし 海もまだギリギリ暖かいし 10月から11月の今くらいまでが奄美のベストシーズンなんじゃないかといつも思ってます ただ秋っぽさがないままいきなり冬が来ます  紅葉とかあんまりないし  まぁ たまに葉っぱが黄色くなるのは塩害だったりかなぁ

ダイビングショップの車

マングローブ干潟
奄美は快晴 太陽が出てしまえばわりかし真冬でも暖かめな奄美ですがTシャツの方なんかたまにいますが
結構 痛い人だと思われるかもしれません
こんな日が毎日ならいいんだけど・・・ 日照時間少なめの奄美だから・・・

さてさて今日もまだ帰ってきて明るかったので 一年頑張ってきたハイエースの車検前に錆止めをしました

液体ゴムプロト

もうすでにかなりしっかり錆止めしてあるのだけど それでも使い方が厳しいので(毎日車内は海水まみれ)
毎年車検の前にまたいろいろ錆止めを試しています もうほぼ実験です

最近の僕の流行は液体ゴム いろいろな種類があるので とりあえず気になるものは買います そして使います
モノタロにいつもお世話になってます

液体ゴム
まぁこんな感じ
ダイビングショップの車は いつも錆との戦いです