イカ芝リターンズ

ikasiba3.jpg
最近まで「もう春だね」を通り越し「夏到来!!」と言ってたのに・・・
(二月の最高気温は28度らしい)
そしてストーブなんてさっさと片付けてしまったのに・・・

何? 今日の寒さは・・・

水温見たら19度(水面だけど) 下がってるし・・・

とそんな寒い話はほおっておいて

この前 イカ芝の調査に行っていた
去年に比べると卵自体もそうだけど イカが減ってる気がする
そのことが数値に出ることが僕的には大事なことで どうしてもイカ芝を入れたら
やはり結果(たくさん卵が付くこと)を求めてしまいがちだが 現実の状態を把握する意味でも
僕は今回 付かなくて良いかなぁと思っていたのだが
最後の調査地点で付いてました これはこれで嬉しいことだ

ikasiba2.jpg
何故 付かなくても良いかな?と思うのかというと 泥の堆積がかなり進んでいて
もう イカが来た 来ないのレベルではないのではないかと思う

正直 僕は東京湾なんかでも結構潜っていたけど はっきり言ってこの地点の海底は
東京湾の状態とまったく同じに見える 泥の色は少し違うが本当に泥の積もり方は
ひどい ただ このヘドロの海底にイカは卵を産みにくる
そして海底や海水が綺麗なエリアではイカの卵は確認出来なかった

きっと産卵に適した場所というものがあるのだろうけど (おそらくは潮の流れの関係だと思うが)
ここまでヘドロの中でも産卵しにくるイカはすごいな

doro.jpg

そしておまけ イカの産卵場所のつもりが・・・

ikasiba1.jpg
これはこれでいいかな・・・ ハリセンボンの住まい

4 Replies to “イカ芝リターンズ”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ヘドロのとこでも産卵しないといけない現状って、イカの強さも感じるけど、ちと寂しいね
    でもイカ以外にもイカシバを住み処とか隠れ家として使ってくれるのは、うれしいよね
    ハリセンボンが作ってくれたのは、原さんの家?(^皿^)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ヘドロでも産卵って確かに力強いね
    ハリセンボンは僕が据えたイカ芝に入ってたし
    実は投入された場所は別の場所だったのだけど
    珊瑚の上に落ちてたし(船からみんな適当に投げるから) こりゃいかんと思って僕のダイビング
    ルートに移動しちゃったよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です